体重を気にする女性

ダイエットを失敗してしまう理由は、人それぞれです。
ですから一概に『これだ』と言うことはできません。
しかし、多くの人が失敗してしまう理由が存在しているのも確かなことです。
ですから、ダイエットに励む前にはその理由を頭に入れておき、それに直面した時にはそれぞれに応じた対策をとることが失敗しないために必要なこととなります。

ダイエットに失敗してしまう原因として、まず挙げられるのは無理な食事制限です。
急激に食事量や食事回数を減らすことは、確かに最初の内は痩身効果を得やすい方法です。
しかしこれは精神的な負担がとても大きいですし、体にとっても良いことはありません。
食事で栄養を摂らないで痩せた場合、体は栄養不足に陥ってしまいます。
そのため、本格的に健康的なダイエットをしている人たちの中には「ダイエットは薬も使おう」と言っている人も多いです。
一種の飢餓状態になった体は、自己防衛のためにむしろ脂肪をためこもうとします。
ですから、この方法では痩せたとしても長続きはしない、それどころかリバウンドをした時、脂肪がつきやすくなってしまう、更に次のダイエットの時に効果が得にくいと言うデメリットの方が多くなってしまいます。
ダイエット中の食事に関しては、栄養バランスをきちんと考えること、そして時にはご褒美として自分の好きな食事も食べること、1日3回の食事回数を厳守することが必要です。

また体重の数字にだけこだわり過ぎると言うのも、ダイエット失敗の原因のひとつです。
ダイエットを開始したばかりの頃は、ほとんどの場合、体重は順調に減少していきます。
しかし体がその状態に慣れてくると、いわゆる停滞期に突入します。
すると体重の減少はぴたりと止まってしまいます。
しかしここでダイエットを止めてしまっては、今までの努力が水の泡です。
この時期を乗り越えるためには、体重以外の数字、ウエストサイズなども計測し続けること、そして停滞期においては、それらの数字が前日よりも±0であれば良しとすると言う、おおらかな気持ちを持つことが必要です。